★ニッセイ パーキングマガジン(2010vol.1)

◆HEADLINE

01【ニュース】
 ・フレキシブルパーク発売!
02【納入事例】
 ・大和茅場町ビル
03【駐車場関連法規】
 ・バリアフリー対応について
04【フリーコラム】
 ・電気自動車について
05【お知らせ】
 ・個人情報の取り扱いについて

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
01【ニュース】
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■フレキシブルパーク発売開始
 この4月より「フレキシブルパーク」の発売を開始しました。「フレ
キシブルパーク(通称:FLX)」は、新型の水平循環方式駐車設備で
あり、「自由」・「高速」・「先進性」をテーマに開発された設備です。
特徴は以下の通りです。

①「自由」:従来までの水平循環方式と異なり、車を積載するトレーが
前後左右に動くことができ、地下空間にある柱などの障害物を回避して
駐車スペースを確保できます。
②「高速」:車輪を四隅に配したトレーが、レール上を走行する「トレ
ー車輪支持方式」を採用。これにより安定性と高速化を両立し、スピー
ディーな入出庫を実現します。
③「先進性」:標準にてバリアフリー対応。また附置義務化の動きが始
まりつつある「自動二輪車対応」、及び今後の電気自動車普及に対応す
べく「充電機能」を付加することも可能です。

 本製品は、3月に国土交通省認定を取得し、現在も工場にて各試験を
実施しております。認定審査時の実機が設置されており、希望される
方々には実機見学の予定もあります。
 発売から3ヶ月経ちますが、既に多くの引き合いを頂いており今後の
拡販に期待しているところです。従来機種との比較はもちろん、これま
でレイアウトに苦慮していたケースでも提案できる可能性があるため、
改めてお問合せ頂ければ幸いです。

また今後バリエーション展開を予定しておりますので、カタログにない
仕様についてもお問合せ下さい。

<「フレキシブルパーク」詳細情報>
  → http://www.nissei.co.jp/parking/flx.html

<お問合せはこちら>
  → http://www.nissei.co.jp/parking/parking_form.html


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
02【納入事例】
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■大和茅場町ビル
 4月、『大和茅場町ビル』に機械駐車設備を納入致しました。

 現地は東京証券取引所の目の前日本橋川際で、地上8階/地下1階、
塔屋1階のオフィスビルです。

 納入された機種は「レベルパーク」(水平循環式16台)で、空間効率
に優れ設置スペースを広く浅くとの要望から採用されました。また特殊
仕様として身障者対応となっております。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
03【駐車場関連法規】
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■バリアフリー対応について
 皆様ご存知のことと思いますが、ハートビル法からバリアフリー新法
へと法律が進化し、より一層新築ビルのバリアフリー化が進んでいると
感じます。さらに、身障者用駐車場も当たり前になり、「バリアフリー
対応機械駐車」も増えてきています。
 弊社も「バリアフリー対応機械駐車」を開始してから、早4年が経過
し計34基(2010年4月現在)納入させて頂きました。そこで「バリア
フリー対応機械駐車」の条例の現状についてお知らせしたいと思います。

<東京都>
東京都駐車場条例において【機械式駐車設備で幅3.5m以上の平面が確
保され、自力で乗降できる構造のもの】となっております。これだけで
は内容が薄いため調査したところ、新宿区のホームページで一歩踏み込
んだ表現がされています。
【障害者用車室とみなすことができる機械式駐車施設の基準】
  → http://www.city.shinjuku.lg.jp/content/000026074.pdf
基本的には協議の上となりますが、都内であればこれに沿って進めてい
くことで今までよりスムーズになります。

<名古屋市>
名古屋市駐車場条例の中に明記されています。
【「機械式駐車場におけるバリアフリーに関するガイドライン(平成15
年社団法人立体駐車場工業会)」により社団法人立体駐車場工業会が認
めた機械式駐車場は、車いす用駐車場としてみなすことができます。】
各都市でもこのように定めることで、計画もしやすくなるのではと考え
ます。

 行政での「バリアフリー対応機械駐車」の取扱いは様々ですが、弊社
ではSPパーク・レベルパーク・CSパーキングそしてフレキシブルパー
クとバリアフリー対応の商品を取り揃えております。(全て大臣認定取
得済)是非、ご相談下さい。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
04【フリーコラム】
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■電気自動車について
 最近メディアでも取り上がられる電気自動車ですが、駐車場業界でも
普及のタイミングに合わせ着々と準備を進めています。「ハイブリッド」
は既に聞きなれた言葉ですが、「電気自動車(EV)」が主流となるのも
それほど遠くないのかもしれません。
ここでふと疑問!!!
実際のところガソリン車と比べて何がどうなのでしょう?

①電気自動車
 1kmあたり燃費 : 非課税の場合 1円(深夜電力で充電)
 CO2排出量 : 走行時 0g、発電所 40g
 特徴 : 低騒音、部品点数が少ない、走行距離が短い、
      充電時間が長い(100Vで14時間、200Vで7時間)、
      バッテリーが高価
②プラグインハイブリッド
 ①と③の中間
③ガソリン車
 1kmあたり燃費 : 15円(ガソリン\150/ℓ)
 CO2排出量 : 走行時 170g
 特徴 : ガソリンスタンドがあるので距離の心配がない

結論として電気自動車は環境にやさしいと言えます。
燃費も非課税の場合、深夜電力を使用すれば1kmあたり1円とお財布
にも優しいです。
しかし「走行距離が短い」「充電に時間がかかる」等の問題があるため、
第一に充電設備の整備が必要となります。100Vでの充電が可能とはい
え、駐車場にコンセントがない場合のほうが多いのではないでしょう
か?
 首都圏のオフィスで機械式駐車場を利用されている方も多いと思い
ますが、既存の機械を改良し充電ができるようになれば会社側でも電気
自動車を購入しやすくなります。
さらに環境が整い、一般ユーザーが購入できるようになるにはやっぱり
「お手頃価格」でないといけませんね。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
05【お知らせ】
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■個人情報の取扱いについて
  → http://www.nissei.co.jp/policy.html


◆ニッセイ パーキングマガジン(2010vol.1)
◆編集「ニッセイ パーキングマガジン製作委員会」
本メールは、ニッセイと何らかの形でご縁のあった方々にお届けして
おります。
 送付不要と思われる方はお手数ですが以下のURLにアクセスいた
だきますようお願いいたします。(URLにアクセスすることで配信中
止できます。)

配信中止用URL


発行:日精株式会社 パーキングシステム事業部 営業部
〒105-8411 東京都港区西新橋1-18-17
URL:http://www.nissei.co.jp/parking/index.html
Copyright 2010 NISSEI Limited ALL rights reserved