□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
★ニッセイ パーキングマガジン (2012 vol.9)★
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
10月に入り、ようやくあの暑さから開放される時期となり、どこかしら
空気も秋めいてまいりました。
スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋、お出かけの秋、といろいろあり
ますが、皆様有意義にお過ごしください。
今回も駐車場に関する様々な情報をご提供させて頂きます。
それでは、「ニッセイ パーキングマガジンVo.9」をお届けします。

◆HEADLINE
01【ニュース】
・ ホームページ会員向けサービス新規登録の方へ
・ ニッセイMGパーキング『リプレースプラン』のご案内

02【駐車場関連法規】
・ 機械式立体駐車場の事故について

03【納入事例】
・ グラントウキョウノースタワーⅡ期
・ 新大阪阪急ビル

04【フリーコラム】
・ 機械式駐車装置の電話予約機能について

05【お知らせ】
・ 個人情報の取り扱いについて

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
01【ニュース】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ ホームページ会員向けサービス新規登録について
弊社では、ホームページより会員登録をしていただくと、
様々な資料がダウンロードできるサービスがございます。
各機種の図面サンプル(CADデータ)、収容車リスト、消火設備
ボンベ室標準寸法、取り出し時間一覧表など、皆様のお役に立つ
情報や資料を取り揃えております。
会員登録の上、是非駐車場情報をダウンロードしてみてください。
技術情報につきましては順次改定しておりますので、一度ご覧に
なった方も定期的にご確認いただければ、最新情報が入手する事が
できます。

 ホームページ会員向けサービスはこちら↓
 (会員登録により、どなたでもご利用できます。)
 http://www.nissei.co.jp/parking/download.asp
 ホームページからの機械式駐車設備についてのお問い合わせは↓
 http://www.nissei.co.jp/parking/parking_form.html
 
◆ニッセイMGパーキング『リプレースプラン』のご案内
弊社MGパーキング(垂直循環方式)は昭和47年の1号機納入以来
約40年の間に、650基を超える実績を世に送り出してきました。
当時は小型乗用車、ノーマルルーフが主流でした。
しかし昨今の状況は中型乗用車、ミニバン、ハイルーフ車の割合が
多くなってきております。
駐車設備の稼働率、集客力を高めるために駐車場オーナー様より
リプレースの検討依頼が近年多くなってきております。
ぜひともこの機会にリプレースの御検討をご一考ください。
※弊社他機種のリプレースに付きましても対応可能です。
詳しくはこちら↓
http://www.nissei.co.jp/parking/lib/pdf/MGparking.pdf
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
02 【駐車場関連法規】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ◆機械式立体駐車場での事故について
機械式駐車装置によりお子様が搬機に挟まれるという痛ましい事故が発生
しています。機械式駐車装置は取り扱いを誤りますと重大な事故が発生します。
これらの事故の発生により平成24年8月23日付で、消費者庁、国土交通省
から「機械式立体駐車場での事故にご注意ください!(再通知)」がニュース
リリースされました。
 消費者庁HPはこちら↓
 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/120823kouhyou_1.pdf

また同日に公益社団法人 立体駐車場工業会より、機械式立体駐車場の
安全強化について「立体駐車場の所有者、管理者、利用者の皆様へ」を
同ホームページに掲載しております。
http://www.ritchu.or.jp/info20120823_1.pdf

立体駐車場工業会のホームページには『機械式立体駐車場の安全対策の
強化について』でお知らせがあり、工業会の技術基準も9月18日付で改訂
されました。 
 また同日付で「既設駐車場への安全強化対策ガイドライン」も決定されました。 

 「機械式駐車場技術基準・同解説」新旧比較表」はこちら↓
 http://www.ritchu.or.jp/info20120925_1.pdf
 「既設駐車場への安全強化対策ガイドライン」はこちら↓ 
 http://www.ritchu.or.jp/info20120925_2.pdf
 
安全強化による事故防止と、管理者・利用者に対するさらなる啓蒙活動の
推進が必要です。立体駐車場工業会では、安全講習会を開催しています。
平成24年度の機械式駐車装置の安全講習会は、機駐式駐車装置を操作
される方を対象として管理上の注意・取扱上の注意事項を判り易くまとめた
安全講習会「管理者を対象とした管理基準編」を開催しています。
東京での開催は9月21日に終了しましたが、大阪会場は11月を予定して
います。 
安全講習会のお知らせはこちら↓
http://www.ritchu.or.jp/frame2.htm
立体駐車場工業会のホームページはこちら↓
http://www.ritchu.or.jp/frame2.htm
 弊社のホームページ「機械式駐車装置の取扱いに注意」はこちら↓
 http://www.nissei.co.jp/20120829parking.pdf
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
03 【納入事例】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ グラントウキョウノースタワーⅡ期
 2012年8月、『 グラントウキョウノースタワーⅡ期 』へ機械駐車設備を
納入いたしました。
グラントウキョウノースタワーⅡ期(低層部)は、2004年に始まった東京駅
八重洲口開発事業の一角です。
 ノースタワーのⅠ期工事は2007年10月に竣工していましたが、今般、
 Ⅱ期工事(増築工事)も完成し、その増築部分の地下に弊社
 CSパーキングが納入されました。
 Ⅱ期増築部の建物は地上14階/地下4階で、用途は店舗となります。
 (Ⅰ期工事は地上43階/地下4階 店舗・事務所)
 納入機種は『平面往復方式CSパーキング4段 (大型乗用車対応43台
 収容)』です。
2007年10月に完成・納入済のグラントウキョウサウスタワー(平面往復
方式3基)を含め、東京駅八重洲開発には計4基もの弊社機械駐車設備
をご採用頂きました。

◆ 新大阪阪急ビル
 2012年7月『 新大阪阪急ビル 』へ機械駐車設備を納入致しました。
東海道・山陽新幹線、JR東海道本線、大阪市営地下鉄御堂筋線の
3路線が乗入れており、また関西空港や南紀白浜方面へもアクセスが
可能な新大阪駅直結の複合ビルです。
建物は地上17階建て、1Fはバスターミナル、2Fは店舗、3Fは駅コン
コース・店舗・オフィス、4Fから11Fはオフィス、12Fから17Fはホテル
<レム 新大阪 (9月21日OPEN)>となります。
納入機種は、『自立式縦列型エレベータ・フォーク方式(中型乗用車
ハイルーフ車混載型72台収容)』です。
取出時間が早いものが良いとのご要望をいただき、最遠部でも約70秒
という速さを評価していただき、ご採用いただきました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
04 【フリーコラム】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ◆電話予約機能のご紹介
機械式駐車場の操作方法はさまざまありますが、今回は操作方法の
ひとつとして電話予約機能をご紹介いたします。(新設の場合)
機械駐車装置の操作方法に電話予約システムを併設させます。
 駐車場専用の電話回線を契約していただき、その番号に固定電話
 もしくは携帯電話でダイヤルすることで準備運転がかけられると
 いうものです。
 手順はいたって簡単。すべてガイダンスにしたがって入力して
 いただきます。
 『電話予約の手順』
 ①駐車場専用番号に電話をかける。
 ②アナウンスが流れますので、暗証番号を入力する。
 ③「*(アスタリスク)」を押す。
 ④予約時刻を入力する。
  入力は24時間方式、午前8時15分であれば「0815」
 ⑤「♯」を押す。
  時間指定せずすぐに予約をかけたい場合は時刻入力せずに
  「♯」を入力。
 ⑥「予約を受け付けました」のアナウンスが流れ、電話を切って
  操作終了。

 電話予約をかけた場合は車が乗込み室で待機した状態になります。
 あとは駐車場の前で、通常の呼び出し操作をすれば扉が開き
 出庫できます。(待機時間は設定可能)
 台数が多い機械の場合、待ち時間が長くなってしまう傾向に
 ありますが、この予約システムを使用すれば時間を有効に使えます。
 ぜひご検討ください。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
05【お知らせ】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 個人情報の取り扱いについて
 ◆個人情報の取扱いについて
  → http://www.nissei.co.jp/policy.html

 ◆ニッセイ パーキングマガジン( 2012 vol.9)
 ◆編集「ニッセイ パーキングマガジン製作委員会」
 本メールは、ニッセイと何らかの形でご縁のあった方々にお届け
 しております。
 送付不要な方はお手数ですが以下のアドレスへ空メールを送信
 願います。

 配信停止用メールアドレス
  → shimada-a@nissei.co.jp

 発行:日精株式会社 パーキングシステム事業部 営業本部
 〒105-8411 東京都港区西新橋1-18-17
 URL:http://www.nissei.co.jp/parking/index.html
 Copyright 2012 NISSEI Limited ALL rights reserved