健康経営について

1.健康経営宣言

会社の最大の財産は、社員であり、その心身の壮健性が企業競争力と会社発展の源泉です。
当社では、個々人が持てる力を十二分に発揮して、明るく元気に活き活きと仕事ができる職場環境整備と社員の心身の健康づくりを土台に据えた「健康経営」を積極的に推進します。

日精株式会社
取締役社長 遠藤昭夫

2.健康経営方針

「健康経営」を推進するにあたり、新たに「健康づくり推進委員会」を組織し、「健康ファースト」のスローガンの元、下記の施策を展開して行きます。

  1. 活き活き健康職場作りアイデア公募
  2. 各種健康関連支援金/補助金/報奨制度の設定 例)メタボ対策支援金/喫煙対策奨励金/自販機のトクホ飲料補助金/健康改善報奨金/家族健診補助金
  3. 健康関連講演会の定期開催による健康リテラシー保持者の増員
  4. 「ストレスチェック」結果を反映した各種改善施策の推進
  5. 「健康経営優良企業」申請と認定取得

健康経営のPDCAを回しながら、従業員の健康度アップと職場の活性化を図り、「健康ファースト」が企業風土として根付く会社、活力にあふれる会社、顧客からの信頼度の高い会社を目指して力強く進んで行きます。

3.健康経営活動

(1)組織体制

(2)活動内容

≪講演会・セミナー≫

外部講師を招き、「健康」について講義・ディスカッションなどを実施しています。
また、社長自ら「ランチミーティング」と題し、若手社員向けに食事に関する講義も実施しました。

  • ストレッチ講座
  • 外部講師をお招きし、座りながらできるストレッチ講座を開催。
    肩コリ・足のむくみなどを緩和させる方法を講義していただきました。
  •  
  • 熱中症予防特別教育
  • 「作業者のための熱中症予防研修」を実施。
    「自分の身を守る」、「発生時の対処方法」について社内研修を行いました。
    なお、本研修実施のためにインストラクタ講師としての弊社社員が資格を取得し講師を行なっています。
  •  
  • 役員・管理職向けの健康講演会
  • 外部講師に看護師をお迎えしました。
    「新橋のサラリーマンを救いたい!」と題して、「お酒・喫煙・尿酸値・血糖値など」について症例を踏まえながら病気の怖さや改善方法について講義していただきました。
  •  
  • 健康経営セミナー
  • 「健康経営」意識調査アンケートの集団分析結果をもとに、当社全体の課題改善への取り組みとして実施。
    外部講師をお招きし、目指すべき「健康」とはなにか・「健康経営」とライフプランについて受講者同士でフリーディスカッションを行ないながら講義していただきました。
  •  

≪日精会 専門部活動≫

社内・家族・他社との交流・コミュニケーションの場を促進しています。
専門部(体育部・文化部)全21部

  • フットサル部
  • ボウリング部
  • ゴルフ部
  • 釣り部
  • ワンゲル部

≪全社グループウォーキング≫

各支店・営業所も参加するよう社内周知を徹底。

参加人数

2017年 2018年 2019年
59名 117名 2019年10月
開催予定
12チーム 17チーム

≪健康に関する会社補助≫

健康診断・二次健診・歯科検診を全額会社負担。
 一般定期健康診断受診率100%。

・トクホ飲料を100円で社内販売。

・スマートミール認証のヘルシーランチプログラムを導入。

・家族健診補助金制度・禁煙外来補助金制度を導入。

≪「健康経営」の社内周知≫

「健康ファースト」のポスターを作成し、全支店・営業所含め受付にポスターを掲示。

4.健康数値

健康保険組合からの提供データ

項目 2017年 2016年 2015年 2014年
適正体重維持者率 65.5% 64.8% 65.3% 64.7%
喫煙率 32.5% 33.2% 33.7% 34.2%
運動習慣者比率 24.1% 24.1% 28.8% 20.6%
一人当たり医療費*1 286,669円 289,177円 314,705円 313,943円

*1: 一人当たり医療費 = 被保険者+被扶養者家族の診療費(本人3割負担と健保負担を含む) / 被保険者数(当該年度加入者)

2年連続「健康経営優良法人2019

(ホワイト500)」に認定

2019年2月21日 日精株式会社

日精株式会社は、経済産業省と日本健康会議が共同で主催する「健康経営優良法人2019大規模法人部門(ホワイト500)」に認定されました。 健康経営優良法人認定制度は、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。 本制度は、健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備すること目標に2016年度から開始されています。 今後も日精株式会社は、「健康経営方針」に沿って個々人が持てる力を十二分に発揮して、明るく元気にいきいきと仕事ができる職場環境整備と社員の心身の健康づくりを土台に据えた「健康経営」を積極的に推進してまいります。